監督メッセージ | 愛の地球(ホシ)へ ー宇宙が今、私たちに伝えたいことー
Now Loading...
監督メッセージ

制作秘話
監督からのメッセージ

昨年、岩崎靖子監督の「みつばちと地球とわたし」というドキュメンタリー映画を観ました。そしてその時にあまりにも強い衝撃を受け、それは「映画を創らないといけない!」という思いでした。 その感覚は映画を創るといいんだ、というやさしい感覚でもなく、映画を創らないといけない!という、まるで雷に撃たれたような強い電気が走ったのです。

 

そしてその「みつばちと地球とわたし」という映画を観ている間に、どんな映画を創ったら良いのかも分かりました。それは、まるで何かが教えてくれているようでした。 どんな映画を創ると良いのか場面も見え、出演者が誰が良いのかも教えてくれました。

それは宇宙の映画でした。

 

宇宙と地球が一つになる映画で、目には見えない宇宙の存在たちが語りかけているようでした。 この映画によって、宇宙が一つになる。宇宙が愛で満たされる。そんな感覚がありました。 不思議なことのようですが、そのときに僕は宇宙の存在に確認したのです。

「そんな映画本当に創ってもいいの?」

それに対して宇宙の存在は笑顔でうなずき返してくれたのです。 このような不思議な流れから映画への強い気持ちがふつふつと湧き上がってきました。

 

そうは言っても、映画を創ったことはないのでどうしようか考え、この「みつばちと地球とわたし」の映画を創られた岩崎靖子監督に連絡を取りました。 会ったこともなく全く知らない岩崎監督にメールを送ったのですが、そのメールの内容は「映画よかったです。僕も創りたいと思いました。

どうすればいいのですか?」という、今思い返しても笑い話のようですが、お会いしたことのない映画監督に、このような稚拙な文章を送ったのです。 メールを送る時にも「こんな文章には返事もこないだろう」と思っていたのですがご丁寧にお電話を頂き、興味を持って頂いて映画を創ることになりました。

 

何と、岩崎監督の映画に僕がメインで出演することになったのです。 岩崎監督に映画を創ってもらえると喜び、映画の制作は始まりました。

映画を制作する中でヒプノセラピーのセッションの撮影も行われたのですが、そのセッションの見えないガイドや天使、高次の存在たちから「この映画は3000年前から計画されていた」とか、もっと昔の「10億年前から決められていた」「銀河評議会でこの映画が採決された」など、不思議なメッセージがたくさん出てきて、この映画の持つスケールに驚きました。

 

この映画の秘密が紐解かれていくうち、この映画が2019年に必要な映画だということが分かりました。そういったメッセージを高次な存在から受け取ったのですが、岩崎監督はそのときに2本も映画を抱えており、今年には無理だということになりました。 そこで僕が監督として、1から映画を創り始めました。それまでに撮影した映像は使用できないので、全てが1からの始まりでした。

 

元々、「映画を創らないといけない!」というメッセージは、宇宙は僕に映画を創らせようとしているのかも知れないと思いました。

映画を創ったこともないものが1から映画制作をと思うかもしれませんが、僕はプロカメラマンを目指して勉強をしていたこともあり、カメラの知識は大丈夫だったのですが、そのことすら宇宙の采配の一つなのかもしれません。

映画制作に向けて映像にもこだわりたいので、プロ用の機材一式を一気に買いそろえ撮影を開始しました。

時間がない、費用がない、とも言っていられる状況でもなく、「とにかく映画を完成させる!!」という強い想いを持って映画制作を開始しました。映画の上映日が9月23日というメッセージまで受け取っていました。

今、この映画が必要で、その意味は宇宙から教えられています。 日本にとっても地球にとっても、そして宇宙にとってもこの映画が必要だそうです。 宇宙や宇宙の存在たちにより、地球に愛が送られ、そのことに今、地球が気づく必要があります。 地球は宇宙に対して、特に宇宙人に対しては鎖国のように閉ざしていたかもしれません。宇宙人に対して好意的に思っている人は全体からすると、まだまだ少数でしょう。

いろんな宇宙の存在や見えない意味を含め、「今、宇宙が一つになる」そのためにこの映画が必要だと思っています。

 

出演される方々は、皆さんが愛であふれ、地球や世の中が良くなることを望まれています。そして、人がどうすれば幸せになれるのか?どうすれば世の中は良くなっていくのか?宇宙はどうすれば良くなるのか?その鍵を知る4人の先生たち。

その先生たちのメッセージはとても重要で、このメッセージを世界に届けたいというよりは、世界に届けないといけないという想いがあります。

先生たちの研究結果や実体験に基づかれた話など、たくさんの人の気付きとなることでしょう。

 

このような映画を制作することはとても勇気のいることで、とても不思議な内容だけに全ての人に受け入れられる映画ではないと思っています。それでも自分のことより、世の中のことや地球のこと、そして宇宙のことを考え映画を制作しています。 これまでの人生の中で最大のチャレンジです。

人は誰でも生まれてきたことに意味があると思っていますし、僕が生まれたことにも何か理由があり、意味を持って生まれています。意味を持って生まれたのであれば、今回は人の批判やそういったことに対しても臆することなく躊躇もせず、それを遠慮なく全うして世の中に貢献したいです。 僕は僕にできることに意識を向けます。自分にできないことはやはりできません。 それでもたくさんの人が映画を応援してくださり、たくさんの人が支えてくれています。

 

そんなたくさんの人たちの想いとともに、この映画を制作し、世界へと届けていきます。

監督や出演者はこんな未来を望んでいる

僕自身もそうですが、出演者の皆さんはより幸せな未来を創造されています。地球が良くなるように、世の中が良くなるように、出演者の方々は自分にできることにフォーカスをあてて活動をされています。一人の人は全てのことをできるわけではなく、自分ができること以上のことはできません。一人で世の中を変えることもできません。それでも自分ができることを行なっていき、世の中が良くなるように願っています。

 

ある意味では出演される先生たちは特別な方々で、しかし、それは誰にでもある自分にできることを継続された結果だと思っています。

地球の未来は決まっているのではなく、創造してくものだと思います。一人ひとりの想いや行動で地球の未来は変わってくるでしょう。 ぜひこの映画を多くの人にご覧いただいて、たくさんの人が大切な何かに気づき、より未来が平和で幸せへと向かうことを出演者の皆さんと共に願っています。

地球にはこれが今必要なんだ
映画への想いでもお伝えしましたが、宇宙的な意味でこの映画が必要だということ。それも今年に上映される必要があるということでした。 この映画で「宇宙が一つになる」「宇宙が統合へと向かう」「陰と陽の統合」などたくさんのメッセージを宇宙からいただきました。ですが、この映画で何が変わるのかは分かりません。なぜならこの映画を観た人、一人ひとりの想いや行動で変わってくるからです。 ですが、この映画はその大きなきっかけになる映画で、宇宙が必要としてこの映画を創らせました。少しの偶然もないのです。 僕は、この映画の持つ力を強く信じています。これまでになかった宇宙が一つになる映画。大いなる宇宙からのメッセージをたくさんの人に届けたいと思っています。

監督について

海響(MIKI)

高校卒業後、事故により重度の怪我を負う。その後、様々な治療を受けても治らず、偶然出会った整体の治療を受け、完治したことにより整体の道を志す。


1998年、東京都大田区にて整体院を開業。『心と身体』両方からのアプローチによるセラピーが話題となり人気を博す。

身体だけでなく、心の癒しや潜在意識にも着目し、1999年、ヒプノセラピーを開始する。
その後、気功やエネルギーワークを取り入れたり、水晶の楽器クリスタルボウルのヒーリングを取り入れ、2009年クリスタルボウルの演奏活動を開始。
2004年、自然の中でのセラピーを求め、三重県の度会町(わたらいちょう)へ「木の整体院」と名称を変更し移転。
2013年、自身がリリースした自然音とクリスタルボウルのコラボアルバム『CRYSTALBOWL×NATURESOUND』はタワーレコードでもプッシュされ、TV・新聞・雑誌など数多くのメディアで取り上げられるなど反響を呼ぶ。

これまでにクリスタルボウルCD3枚 ママとお腹の赤ちゃんが対話できる胎教CD1枚、計4枚をリリース。

 

現在は「Healing House」というサロン名でボディワークやヒプノセラピー、クリスタルボウルなど、様々なヒーリングを行なっている。

妊婦が胎児と話をするセッションを2005年より開始。妊婦と胎児の対話セッションを2018年学会で発表。2019年11月にはアメリカデンバーでの国際会議での発表を予定している。
2018年 ある映画を観て「映画を作らないと!」という電気が走るような衝撃の直感を受け、映画制作を開始。


現在初監督作品となる、産婦人科の池川明氏、不食の秋山佳胤氏、月読みのルミナ山下氏、クリスタルボウルを制作しているルピト氏が出演するドキュメンタリー映画「愛の地球(ホシ)へ」を制作中。2019年9月23日に初上映会が行われる。

情報配信

情報配信

  • パートナー募集
    上映会を主催下さる
    パートナーを募集しています!
    この映画は、あなたが主催者となって全国で上映会を開くことができます。あなたも「愛の地球(ホシ)へ」を広げる仲間になりませんか?
  • メディア取材について
    広報の応援/ご協力を
    よろしくお願いいたします!
    「愛の地球(ホシ)へ」を全国のたくさんの方に届けたい!スピリチャル/医療/映画関連の取材やインタビューなど応援よろしくお願い致します!