Now Loading...
視聴者のご感想
2020/02/28 長野 上映会 ご感想

2020/02/28 長野県 上映会 ご感想
ご感想

30代

・「ワンネス」「愛と成長の世界」と2年くらい前からご縁がありました。なので凄く新しいことというよりは、より大きく、体感、体験を一緒にさせて頂いた。やはり一心同体と言われていたように、1つなんだなと観ていてジワ~と感じたように思います。「愛だけでいいんだな。今を生きる、楽しく、そして役に立つ、それだけで良い」今息子に伝えているそのままだったので、このまま続けたい。そして自分自身を愛して、常に今一緒にワクワク行きたいと思いました。

 

・なんとなくわかっていたことを、しっかりと示してくれた映画だと思いました。すべてが一つ、バイブレーション、微粒子の集合体、10年前瞑想中に見たビジョンを思い出した。ついつい、自分を犠牲にして生きてきた、今まで。本当の自分を生きることって、やろうとしてもなかなかできない、それが今の社会と現実。でも、それをやることが本当に一番、自分にとっても、地球にとっても、宇宙にとっても良いことなのだと思います。そんな生き方をするために、今、変わらなきゃいけない時が来ていると感じます。この映画をつくってくれて、思い出させてくれてありがとう。

 

・妊婦さんのセッションの「地球を守るため」と言って、涙する姿が嘘とも思えず、すごい子供たちがどんどん生まれてくるし、生まれているんだなぁと感じ、感慨深い気持ちでした。やっぱり環境に優しいことをしよう!!と改めて思っています。

 

・「今ここ」とか「母自身が楽しむ」を我が子供から教わっていたところだったので、ドンピシャでした。コロナのことも今に意識を向けたら、心がざわざわしないなと。宇宙は愛、呼吸を合わせる存在が素晴らしいこと、心が温かくなりました。

 

・とにかく今とても大事な時期なんだということが、改めて感じました。光の存在、を思い出すこと、やっぱり私たちは、愛されている。この映画を観て、より腑に落ちたような気がします。すごい映画を作ってくださりありがとうございます。多くの方に観ていただきたいです。

 

・「宇宙に心を開くこと」「源は愛であること」「宇宙意識で生きること」「宇宙存在達は地球への愛に溢れていること」「私が傷つけばあなたも傷つく」私が愛に満ちた道を行くとき、この地球も、宇宙も愛に満ちた道を行く。「愛の地球(ホシ)へ」を愛で生きたい!この時代を生きるのに、大切な言葉が沢山詰まっていました。

 

・この地球に生まれてこれてよかった、幸せに思う。自分のこと、家族の事、友人、全ての人が愛おしく、感謝の気持ちでいっぱいです。映画を作ってくださりありがとうございます。上映会を開催してくださりありがとうございます。

 

 

40代

・自分だけ地球だけ子供だけ夫だけじゃなく、自分を大切に今ここを生きる、ここがすべてに繋がる。そんなことを私も伝えたいと思う。素晴らしい時間をありがとうございました。

 

・今ここを生きる、瞬間を丁寧に生きる、支配と依存→ともに創造。意識を開く、全てがともにある。ただ楽しく生きる、自分も楽しいし、笑顔。光と闇と一緒に踊る。この言葉がとても響きました。

 

・「祈り」やるだけのことはやってきた。あとは祈るしかできない、、、ルミナさんのおっしゃった一言がずっとあります。未来の地球を担う子供たちに本物を残したい、と教育現場にいる時からずっと思ってきました。地球を愛で包みたい、と思ってきました。でも、すでに子供たちは知っている。もはやじゃましない、信じる、祈るそんな想いに、今、なっています。

 

・今ここにいることが幸せです。光と暗が手を繋いで一緒にいる映像が出てきました。宇宙の大きな愛を感じることができました。地球の広い愛に心震えた。みんなひとつ、イメージできました。涙がたくさん出てきた。ありがとう。面白かったです。

 

・地球に感謝、宇宙に感謝、愛に感謝、昔おばあちゃんに絵描き歌を教えてもらいました。今になって神聖幾何学だと知りました。考えるものがありました。繋がりを。映画を観て、ふと5月22日と頭に浮かびました。何かあるのかな。

 

・上映会ありがとうございました。心に響くメッセージが沢山詰まっていて、自分の中でぐるぐるしています。色んなことを改めて実感できました。視野が大きく広がった気がしています。自分でも意外なところで涙が出てきたり、こみあげてくるものがあって、気づくことも多かったです。素晴らしい機会を作ってくださり、ありがとうございました。

 

・こんな映画が上映される時代になったんだなと思いました。現実社会のゆがみはどこまでいくのか、まだ底が見えないが、今自分のできることをやるだけです。

 

・すべては一つだったということに改めて気づかされました。今まで自分が感じてきた悲しみ、辛さなど、今地球が感情を持って感じているということ、全ては愛と言う素晴らしいメッセージにありがとうご感謝の気持ちでいっぱいです。光も闇も統合、調和、宇宙全体の地球への想い、愛がある素晴らしいと感じます。クリスタルボウルの共鳴もすごく登頂やハートに響きました。

 

・変化のスピードがどんどん早くなっていると感じた。全てのことを自分のこととして、自分のつながっている一部として感じ、その心に寄り添い行動する中、呼吸を合わせること、意識していきたいと思いました。まずは、自分をすきになる。認め、信頼することができるといいです。

 

・素晴らしすぎました!本当に感動しました。自分の中にある大切な存在の存在意味が心の奥に深くしみこんで、点と点が繋がり愛が広がりました。全てが腑に落ちたと感じました。

 

・あったまりました。

 

・今日はこんな素敵な映画を身近なところで見れて感謝いたします。内容が難しく、全ては受け取れませんでしたが、今を生きる、愛、地球に生きる、自分を大切にする、今を意識して生きていこうと思います。宇宙は地球のことを心配している、大切にしている、私たちもそんな宇宙や地球で生きている、頭の片隅に置いておこうと思います。愛を持って日々呼吸していきたいです。また観たいです。

 

・私は「愛」という言葉が少し苦手です。だって私には「愛」ってよくわからないものだから。だけど、私たちが「愛の存在である」というところに感動してしまいました。「私たちに見せたかった」というところに。そして秋山先生の「何かの役に立とうとしなくても、その存在だけでいい」その言葉に思わず涙が出てしまいました。なぜかって、「何もできない自分は役立たず、何のためにいきているんだろう」そんな風に思ってしまいがちだから。池川先生の本も2013年の映画「うまれる」もみていますが、そこからさらに子供たちは進化しているという話がとても興味深かったです。もっと知りたいです。見えない世界のことをそう感じました。

 

・宇宙人が存在を知って欲しいと願っていること、地球人よりも地球のことを思っていてくれることが知れてなんだか嬉しかったです。地球が「愛の地球(ホシ)」で嬉しい気持ちでした。今までの私の経験も愛からだったのだろうと思います。宇宙が見えない未知のものから少し近くなり、「一緒」なんだと思えたことに心が温かくなりました。ありがとうございます。

 

・クリスタルボウルの音色ではじめのころは、時々意識が飛んでいて、しっかりみるというよりは身体で感じる感覚でした。映画の中のメッセージ、呼吸をあわせる、地球と合わせる、宇宙と合わせる、今ここにいること、今を精一杯生きて楽しく笑う事、祈ること、出てきたワードが今までの自分の学びとつながるところが沢山ありました。

 

・池川明さん、ルミナ山下さんのお話がとても良かったです。みなさんの話はよく知っていて、私も宇宙から信号を受け取っていました。

 

・私は生まれた瞬間の記憶が残っていて、「星から生まれた」「生まれるときに強烈な光につつまれた」など幼いときに、両親、姉妹に伝えてみても、「おまえはおかしなやつだ!」と変な奴扱いをされ、子供を二十歳で産んだ時「一つになりたい」と無性に思ったこと。ある時自分の存在をも信じられなくなった日々もあり、そんなことを思い出しながら映画をみてずっと涙が止まりませんでした。(マスクがびちゃびちゃです。)「やっぱり私は今生きていいんだ!そしてまた帰る場所がある」という安心感に包まれたと感動しました。永遠の愛、どこまでも深い愛を感じ取って広げていきたいと思いました。

 

・本当に観れて良かったです。安曇野でも自主上映します!何回も見たいと思ったし、皆にも見て欲しいと思いました。なぜか「踊る」という言葉に涙が出ます。私はビオダンサというワークショップをやっているのですが、踊ることが小さい頃から大好きで、これからもっともっとやっていっていいんだ!と改めてわかったし、すごく簡単でシンプル!と感じました。いろんなことが映画をみてわかって、嬉しくて仕方ありません。遊ぶ、楽しむ、笑顔、喜び、呼吸を合わせて助け合っていきます。

 

・2歳の娘がいます。今に感謝して、笑顔で楽しく大切に過ごしたいです。ありがとうございました。

 

・今日この映画が観れて良かったです。全てはタイミングですね。うまくできています。遠出しなくてもこんな近場で見れたことに感謝です。源は調和と愛で満ちている。バランスですね。映画を観て共感の一言です。昨年地球から「ただ笑っていたい」とメッセージが来ました。今年になって自分は全て持ってる、内包している、兼ね備えていると実感しました。今とても穏やかです。ありがとうございました。

 

・愛のこもった上映会ありがとうございました。呼吸を合わせる、光と闇と踊る、笑顔、子供心、地球生命体、大きな愛のひとつ、大和桜、夢、感覚、綿棒やってみよう。色々と浮かんだ言葉を書かせていただきました。ありがとうございます。

 

・目に見えない存在を信じてみようかなと思えました。ありがとうございます。

 

・地球を守るために宇宙人も応援してくれている。私たち、地球人がもっともっと地球の事を考え生きていこうと思いました。子供を育てるときも、楽しみながら幸せを感じながら愛を持って、生活したいと思いました。仕事休んでみにきて正解でした。

 

50代

・素直に、今、ここにいきる。自分がやりたいことがひとが喜ぶことにつながっていけば、それが一番私の使命だと思いました。宇宙人て目に見えなくてもその辺にいるのか~!と初めてわかりました。夢の中でも目には見えないので、いつかは直接お会いしたいです。地球これから先も素晴らしい星でありますように。私はもう地y空に生まれ変わることはなさそう、、、クリスタルボウルは仏教のリンに似ています。浄化されている気分になりますね。

 

・宇宙からの愛をとても感じました。地球の命と私たちの命も。自分にできることをしていこうと思いました。ありがとうございました。

 

・何となく感じていたことや、過去の出来事で「?」だったことが、この映画を観てつながりました。きっと何回も繰り返してみるともっと深いところや、その人の大切なところに気づける映画なのだと思います。また観たいです。そして人にも伝えたいです。ありがとうございました。

 

・正直な感想です。日々主人に伝えている内容です。理解してくれるといいな。

 

・再確認した感じです。ヒプノセラピー受けてみたいです。

 

・今ここを生きる、日々その様に生きていきたいと思います。

 

・今日このタイミングでこの映画を観れたことに感謝です。大切なメッセージが沢山つまった映画でした。みなさんに感謝致します。

 

・自分自身がやっていることの再確認ができた映画でした。このままでいいのだと!

 

・今、このタイミングでこの映画を観れたことに何か不思議なご縁を感じました。世界中で新型コロナウィルスの影響が広がる中、私たちはいろんなことを問われているのではないかと思っています。自分の生き方、暮らし方、社会の在り方、環境の事、、映画の中の「すべてに感謝すること、自分自身に感謝することが大切」というフレーズが印象的でした。

 

・とても興味深く見せていただきました。宇宙や意識を持つこと、の大切さを感じました。実際に宇宙人と話をしているのを見て、本当にいるんだなと実感しました!

 

・地球がけがれていてその地球を救うために、全てが動いているときだという事がわかりました。秋山先生のみたくないものを、しっかりとみるというのをやろうと思いました。山下先生の新月の願い、満月の時の感謝をしていきます。池川先生のいう笑顔、大切ですね。秋山先生の存在だけで素晴らしい、全肯定。光と闇が一緒に踊る。様々な言葉が印象に残りました。

 

・祈りということが響きました。自分自身も、いろいろ探求してきた中で、最終的には今を生きる!というところに辿りつきました。地球人類が意識を合わせ、祈りの連鎖を起こしていったら、とてつもない世界がやってくると感じています。あとは、今日の参加者様を見ていて、こうした映画に共感する人の層が厚くなったと感じました。

 

・昨日も見たのですが、眠ってしまって見れなかった部分にまた改めて気づきのポイントがありました。ただあるだけでいい、楽しむだけでいい、存在するだけ、ひとつだったことを思い出す。宇宙人の方が地球を地球人のことを思っている、ありがたいなと。最後に流れた歌がとても良かったです。

 

・ずっと見たかったので本日見られて良かったです。自分が思っていたこと、感じていたことがやっぱりそうだったんだ!という確信が持てました。なので、このまま、自分が楽しくやりたいことをやって人の役に立つ、人と一緒に楽しむように過ごしていきたいと思いました。ありがとうございます。

 

・愛さん、愛いっぱいのひとときをありがとうございました。感謝をお伝えします。

 

・綿棒ワークをやってみようと思います。

 

・エネルギーを感じる映画でした。宇宙の愛、地球の想い、温かく感じ嬉しかったです。途中で身体が急に熱くなりびっくりしました。時代がかわっていく、来ているのはなんとなくわかっていたけれど、不安はなく、愛の時代になっていくんだとわかってとても嬉しい気持ちになりました。呼吸を合わせる、意識しようと思います。また観たいです。沢山の人に観て欲しいです。ヒプノセラピーの時女の子が見えました。

 

・私はチャネリングをしてもらった時、どこか銀河系の白い惑星から来た宇宙人だと言われたことがあります。地球に来た目的は「地球人として様々なことを体験すること」でも、今はその目的を忘れてしまって「体験すること」→「世の中や人々の枠組みに対し、こうしなければならない、こうあらねばならない」と捉えてしまう癖になっているそうです。それが、私が時折感じる生きづらさにつながっていました。その後「地球として体験すること」はいったい何のためなんだろう?と疑問に思っていましたが、今日の映画の中の郷坪さんのシーンで、地球人が子供のように楽しんだり、笑ったり、踊ったり、自分が自分のままで生きることが地球を救うというようなことを言っていて、私の地球人としての体験はこのことが目的なのかもしれないと思えました。これまでの人生はわりといろんなことがあって辛いこともありましたが、これからのミライは自分らしく楽しく生きようと思いました。

 

60代

・体、肉体がジーンとしてすごくリラックスしました。生命体の子供たち、使命を持って生まれてきて、地球を守る大切さを教え、愛と平和のこれからの地球の在り方を知ることができた気がします。

 

・日常の生活の中で生きているのですが、改めて環境すべての関係の中に、生かされていることを思いました。地球が危ない、変わらなければいけないなどのメッセージ良い方向へ向くため自分も頑張りたいです。

 

・今、ここを生きていきたいと思います。ありがとうございました。

 

70代

・大きなエネルギーをもらえました。宇宙の中の地球、扉を開く、なんと表現していいのやら。歌の響きがとても心にひびきました。

 

・すべては一つであり、宇宙とつながっているということを再認識しました。愛で満たされて地球に生まれて本当に良かったです。

 

 

情報配信

情報配信

  • パートナー募集
    上映会を主催下さる
    パートナーを募集しています!
    この映画は、あなたが主催者となって全国で上映会を開くことができます。あなたも「愛の地球(ホシ)へ」を広げる仲間になりませんか?
  • メディア取材について
    広報の応援/ご協力を
    よろしくお願いいたします!
    「愛の地球(ホシ)へ」を全国のたくさんの方に届けたい!スピリチャル/医療/映画関連の取材やインタビューなど応援よろしくお願い致します!